ホルモン剤の服用によるメリット・デメリットとは

juyukd
 ホルモン剤は、世界中で多くの人に利用されています。ホルモンは直接体に働きかけることから、効果が得られやすいです。その分、ホルモン剤への期待は大きく、利用者や利用目的も様々です。とても便利なホルモン剤ですが、使用を考えているのならば、メリットばかりでなく、デメリットもきちんと理解しておきましょう。

ホルモン剤のメリット

 ホルモン剤と一口にいっても、様々なものがあるのですが、代表的なものとして、女性ホルモン剤があります。女性らしさを保つためのホルモン剤とも言えます。肌をきれいにしたり、髪にツヤをだしたりする効果があるので、ニューハーフからも需要があります。

 更年期障害が重い人への治療薬としても用いられています。更年期障害は、今まで分泌されていた女性ホルモンが不足することで、動悸や息切れ、頭痛やめまいなどの症状が表れます。不足している女性ホルモンをホルモン剤によって補うことで、症状を和らげることができます。
 女性ホルモンが不足している場合に起こるガンなどの病気に対しても、治療薬として使われています。逆に男性ホルモンの不足が原因で起こる病気に対しては、男性ホルモン剤が用いられます。
 複数の女性ホルモンを組み合わせたホルモン剤で、月経のリズムを整えたり、月経痛を和らげたりすることもできます。低用量ピルなどの、避妊薬としても用いられています。不妊治療にも使われています。
 これらの、女性ホルモン剤を代表とするホルモン剤は、体に直接働きかけるため、即効性があります。高い効果が期待できる上、自分のペースで、治療に取り組むことができる一つの手段でもあります。入院して治療になる場合もありますが、ホルモン剤は自宅で服用することができます。

ホルモン剤のデメリット

 ホルモン剤を投与すると、副作用があらわれる場合があります。
 月経痛を和らげるなどの目的で、低用量ピルなどを服用した場合には、妊娠した時に近いホルモン状態になっています。ですから、妊娠した時と同じような症状がでることがあります。もちろん個人差はありますが、症状は、吐き気や頭痛、倦怠感、むくみなどがあります。
 他にも、ホルモン剤を飲むと、食欲不振になったり、太ったり、発疹がでたりする声も挙げられています。女性ホルモン剤の副作用が出た場合には、市販のホルモン剤の使用はすぐに中止してください。心配な場合は、医師に相談するようにしましょう。程度が軽く、我慢できてしまうものもあるかもしれませんが、体に合わない場合もあるので、無理に服用を続けることはしないでください。
 ホルモン剤によって、ホルモンバランスを適切に保つことができれば、ガンのリスクを減らすこともができますが、投与しすぎなどで、女性ホルモンなどが異常に多くなってしまうと、ガンなどのリスクも高まってしまいます。

使用するにあたって

 市販でも売られており、簡単に手に入れることもできますが、体に合う、合わないの問題があったり、副作用もあったりするので、なるべく医療機関を受診することをおすすめします。更年期障害や、月経痛が重く、悩んでいる人の中には、別の病気が原因であることもあります。医療機関を受診することで、早期発見や、問題解決につながるかもしれません。
 女性らしい体を保つためとはいえ、適量を超えての服用はやめてください。ホルモン剤以外にも、大豆製品などで、女性ホルモンに似た成分を摂取することにより、似た効果が得られる場合もあります。

新着情報

◆2016/08/05
ホルモン剤の服用によるメリット・デメリットとはの情報を更新しました。
◆2016/08/01
企業概要を新規投稿しました。
◆2016/08/01
糖質制限の食事を続けていると、ホルモンバランスが乱れるかもの情報を更新しました。
◆2016/08/01
生理痛の悩みはホルモン剤で解決できるの情報を更新しました。
◆2016/08/01
ホルモン剤の使われ方の情報を更新しました。